赤ちゃんが産まれてお家に帰ってきた最初の頃って、当然首も座ってなくてベッドの上で寝返りをすることもなく『だーだー』って言いながらほとんどその場から動くことなんてないですよね。

そんな赤ちゃんも次第に寝返りを始めて、7か月くらいにもなってくるとハイハイを始める子も多くなってきます。

そうなると今までとは段違いの行動力を発揮しはじめちゃいますよね~

そうなってくると
・洗濯物を干したり
・料理をしたり
・宅配が届いたら取りに行ったり

なんて時に、赤ちゃんを一人にしちゃうと
・触っちゃダメなもので遊んだり
・何か口の中に入れてしまったり
・それ以外にも何かしらの危ないことがあったらどうしよう

なんていう風にとっても不安に思っている人も多いんじゃないでしょうか?

私の場合も目を離すのが不安で、最初のうちは抱っこ紐で背中におんぶして、洗濯物を干したりお料理をしたりしてました。

でも、だんだんと腰が耐えられなくなっちゃって、もうホントに大変でした(><)

そんなママさんの育児の悩みを解決してくれる人気アイテム。それが『ベビーサークル』です。

今回はそんなベビーサークルの中でも人気のものを、実際の口コミ評判もあわせてご紹介していきますね。

ベビーサークル

ハイハイを始めて行動範囲がグンと広くなってくると、ちょっと目を離したスキに『あんなところや、こんなところに!?』とか『あんなことや、そんなことを!?』なんてことだらけです。

そんな時にあるととっても便利なのが、このベビーサークルなんですね。

サークルの中にお気に入りのおもちゃやぬいぐるみと一緒に入れておけば、ごきげんに遊んでくれるし、お洗濯を干したりしてちょっとの間、目を離したりしてもサークルの中にいてくれれば安心ですもんね~

日本育児 たためるNEWミュージカルキッズランドDX+拡張トイパネル2枚組セット

日本育児のベビーサークル『たためるNEWミュージカルキッズランドDX+拡張トイパネル2枚組セット』です。

見ての通り、とっても可愛くって子供が好きそうなサークルですよね。

大手通販サイト楽天でも、ベビーサークル・ランキングで1位も獲得していて上位の常連となっている大人気のアイテムです。

コメント数を見ても2500件以上もあって、それだけの数のコメントがありながら、その総合評価は脅威の4.5以上(2017年10月3日現在)となっているんですね。

では、実際にどんなところが人気となっているのか、そのポイントをご紹介しますね。

ポイント1赤ちゃんの発育を刺激する仕掛けがいっぱい
このベビーサークルには、壁の部分にたくさんの仕掛けがあるんですね。例えば

・自分の顔がうつるミラーがたくさん
・ボタンを押すと世界の動揺24曲が流れる
・まわしたり、つかんだり、つまんだりして指先の感覚を刺激するおもちゃ

と、赤ちゃんの好奇心を刺激していろんな感覚を刺激する仕掛けがたくさんあって、知育にも一役かってくれちゃいます。

ポイント2簡単に組み立てて、簡単に折りたためる
とっても簡単な組み立て式なので、ものの1分もかからないくらいで組み立てたり、折りたたんだりできちゃいます。

なので、普段使わない時には付属の収納ロック棒で1つにまとめて、スッキリと収納することができて、いざ使う時になったらサッと組み立てて、赤ちゃんの遊びの王国をつくることができちゃうんですね。

ポイント3拡張パネル2枚つき
このキッズランドDXは6枚のパネルを組み立てて作るベビーサークルなんだけど、付属で2枚の拡張パネルが付いてくるんです。

なので6枚+2枚の計8枚のパネルを使ってベビーサークルを作ることができちゃうので、余裕でママも一緒に入って遊んであげることもできるし、もう1人赤ちゃんが増えてもこのまま2人で使うことができちゃうんですね。

では、実際に購入された人たちの口コミ評判をご紹介します。

  • ハイハイをするようになってベビーベッドで遊ぶには狭くなったので評価の高いこちらを購入しました。おもちゃもついていてとても喜んで遊んでくれてます
  • 赤ちゃんの行動範囲が増えてきて私の体力が持たなくなってきたので購入しました。さすがに長時間はムリだけど、ちょっとした時の子供の遊び場&安全地帯としてとても重宝してます。今では私の育児の救世主的なアイテムです
  • 8枚のパネルで形が変形するので、ちょっと狭い場所でも細長い形にして使えたりもするので、あまりスペースのない我が家ではとっても便利です。
  • 組み立てても、重さがとっても軽いのであまり体の大きくない私でも移動がとっても楽で、掃除のときなんかにもとっても助かります
  • 6枚でのサークルと、残りの2枚はサークルとしてじゃなく、アパートのベランダに出ないように柵として使ってます。とっても気に入ってくれたみたいで、楽しそうに遊んでくれてます

口コミを見ていると、赤ちゃんももちろん気にいって楽しんでくれてるけど、どちらかというとママが本当にしんどい時の救世主として『ママが助かる』っていう声が多かったですね~♪

木製ベビーサークル123 8枚セット

こちらのベビーサークルは、木の感触がとっても暖かくて大人気の木製のベビーサークルです。

大手通販サイト楽天でのコメント件数が何と4000件以上もあって、総合評価も4.3以上とかなりの高評価となっています。

ママでもまたいで乗り越えられる高さで設計されていて、赤ちゃんを抱っこしながらでも出たり入ったりすることができちゃいますよ。

8個のパーツを組み合わせてつくるので、お部屋のスペースに合わせて形も自由自在です。

カラーも
・ナチュラル
・ウォールナット
・ホワイト
の3つから選ぶことがでいるので、お部屋のインテリアに合わせることもできちゃいますよね。

ドア付ベビーサークル8枚セット フリープレイペン

柵の形がちょっとモダンな感じのデザインで素敵なベビーサークルです。

カラーも
・アイボリー×モカブラウン
・コーヒー
・ホワイト
・モカブラウン
の4つの種類から選べちゃいます。

樹脂製なので色がはげてしまうなんて心配もないのがいいですよね。

ベビーサークルのもう1つの使い方

ママの育児の味方としてとっても便利なベビーサークル。

でも、中には『ベビーサークルなんていらないでしょ?』とか『狭いサークルの中に閉じ込めておくのが可哀そう』っていう人もいるかと思います。

そんな方にお勧めのベビーサークルの使い方をご紹介します。

逆転の発想

その使い方のポイントは『逆転の発想』です。

どういうことかって言うと、普通はベビーサークルってママが目を離した隙に、赤ちゃんが危ないところに近づかないようにする為に使うものですよね。

サークルの柵は赤ちゃんが乗り越えて外に出ないようにする為のものです。

この柵があるせいで『閉じ込められてる感じがして可哀そう』ってなっちゃう訳です。

そこで逆転の発想です。

赤ちゃんをサークルの中に入れるんじゃなくって、赤ちゃんに触って欲しくないところを、このサークルで囲っちゃうんです。

例えば、テレビやストーブのまわりを囲ってしまう感じですね。

そして、そのサークルの中に、赤ちゃんに触ってほしくない、触ると危ないものも一緒に入れておきます。

そうすることで、赤ちゃんをサークルに入れることなく、赤ちゃんの周りから危ないものを遠ざけることができちゃうっていう訳です。

さいごに

ママの育児の強い味方、人気の『ベビーサークル』をご紹介してきました。

ママが疲れちゃってると、赤ちゃんの色んなサインにも気がつくことが出来なかったり、いろんなことで支障がでてきちゃいます。

ママの為にも赤ちゃんのためにも、とっても有効なベビーサークルをぜひ有効活用してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました*^^*