春の定番イベントの一つと言えば、そう「潮干狩り」ですよね。

でも、いざ潮干狩りといっても、持って行くアイテムは人それぞれです。でも、この持って行くアイテム1つで「あさりが大漁になるかどうか」が決まるといっても過言じゃないんですよね。

しかも、子供連れで行くとなると、その労力は劇的に違ってきてしまうんです!

そこで今回は、子供と一緒に行く「潮干狩り」で、便利で使える持ち物を厳選してご紹介していきたいと思います。

きっと、子供もパパ・ママもニコニコ笑顔の潮干狩りになりますよ^^

  

潮干狩りに持っていくと便利な持ち物と服装は?

潮干狩りが始まる時期を考えると、ある程度暖かいかなと思います。でも、潮干狩りは海辺に行くので、風が強いことも考えておく必要があります。そうなると、体感としては少し肌寒いかもしれないですよね。

なので、何かサッと羽織れるものを持っていくか、長袖で行くかにした方が無難です。

持ち物については、以下に一覧として載せてますので、要チェックです。

潮干狩りに持っていくと便利なグッズ
  • 帽子
  • 着替え
  • 長靴
  • ゴム手袋
  • タオル
  • 熊手(くまで)
  • 網など入れ物
  • レインコート
  • 蓋付きのバケツ
  • タンク
  • ペットボトル
  • 日焼け止めクリーム
  • 折りたたみのイス
  • 食べ物
  • 飲み物
  • クーラーボックス
  • 保冷剤
  • バンドエイド
  • ビニール袋
  • 潮見表

このくらい準備しておくと、完璧ですね。日帰りとはいえ、1日作業になりますので、ある程度しっかり準備するのがいいと思います。


潮干狩りに持っていきたい厳選6アイテム

では、そんなアイテムの中でも、「潮干狩りにコレを持っていったら絶対に重宝する!」というくらい便利な、厳選アイテムを6つご紹介していきたいと思います。

荷物運び用のそり

潮干狩りをする砂浜では、ワゴンのようなものだと、砂にタイヤがとられてしまって、かえって大変だったりします。

そんなときに便利なのが、この「そり」なんですね。持ち物一式をこの「そり」に乗せてしまえば、あとは砂の上を滑らせてやれば、移動も楽チンです。

とったあさりも意外と重たいので、このそりに乗せてしまえば、楽々持って帰れますよ!

そして、このそりも子供と一緒に行くときには、2つ準備しておくことをオススメします。その理由は「絶対に子供が自分で引っ張る!と言い出すから」です。

でも、そんな子供の引っ張るそりに、重たい荷物を乗せてしまうと

「勢い良く引っ張って ⇒ 転倒 ⇒ 大惨事」

となってしまうのが、目に見えてます。なので、子供用のそりも別に準備しておいて、そちらには「ひっくり返っても大丈夫そうなもの」をのせてあげるようにしましょう^^

日焼け止め紫外線対策アイテム「ヤケーヌ」

鼻から肩にかけて保護してくれる、紫外線対策グッズです。

春は紫外線が強いので、こういうものを準備しておくと日焼けを防いでくれますよ。

アミ付きの熊手

網付のくまでです。この熊手を使えば「掘ること」も「すくうこと」もできます。

柄も長いので一つあると、子供と一緒に行った潮干狩りでの砂浜で、いろいろと便利ですよ!

ぺちゃんこになる丸バケツ

文字通り「ペチャンコに折りたためるバケツ」ですね。

潮干狩りは、前述したように「そこそこの量の荷物」になるので、少しでもコンパクトにしたいですもんね。

子供用マリンシューズ

ビーチサンダルの代わりにと、人気が出てきているマリンシューズです。

これなら水にぬれても全く問題ないですし、怪我をしにくいので安心ですよね。

ゴム手袋

防災用品としても重宝されているゴム手袋です。

潮干狩りをしていると、気がつかないうちに「手をちょっと切っちゃってた」なんてことも、意外とあるんですよね。

そんなときに、手を守ってくれる便利なアイテムです。滑り止め加工もされているので、潮干狩りにも最適ですよ^^

以上、6点の便利グッズを紹介しました。

どうしても外だと怪我の可能性もあるので、特に手と足はしっかりとガードしておきたいですよね。

足はビーチサンダルよりも、マリンシューズの方がより安全性が高いのでオススメですよ。

手については、軍手をはめてからその上にゴム手袋をすると、少し暑いですが、より怪我を防止効果が期待できます。

潮干狩りで便利な持ちもののまとめ

せっかく家族みんなで楽しんでの潮干狩りなので、出来るだけ怪我をしないようにしてあげたいですし、したいですね。

いろんな便利グッズはありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。